美容の分野で開業するために|売り上げ把握のための在庫管理

スーツの男女

急なトラブルに対応

笑顔の男女

最近、駅やデパート、マンションといった街の様々な場所でAEDを見かけるようになりました。AEDとは、突然の心停止を起こして倒れた人をそこにいる人たちがその場で使って倒れた人の命を救うことが出来る医療機器です。

もっと読む

研修の受け方

女の人

社員教育のための研修を、メニューを作り、プログラムを組む業者があります。それぞれの企業が必要とするサービスを、その必要に応じて提供してくれる業者です。利用方法について、知っておきましょう。

もっと読む

売り上げの把握

背広の人

美容店として日々把握しておきたいのは売上ですが、それ以外にも例えばスタッフの指名率の確認や、目標への達成度など、様々な情報があるでしょう。それらは日次だけでなく月次でも確認しておきたい情報でしょう。その管理の仕方は、美容店ごとでまちまちであるというのが現状です。一方で、これらの情報は在庫管理システムを用いることで一気に効率化する場合があります。この「把握したい情報」というものを一つずつ見ていきましょう。
まず、日次の売り上げです。これは、施術の売り上げと各種物販とで分けられるでしょう。レジ閉めで過不足がないか確認するでしょうが、この時在庫管理システムを用いることで、ミスをなくし効率的な情報収集ができます。次に、日次の売り上げが累積していくと、その月の合計額がでることでしょう。それは今後の予測にも繋がる大事な情報です。この情報も同様に、在庫管理システムを用いることでより適切な予測が出せる場合があります。また、もう一点重要な要素が客数です。美容店においては、客はその中でも新規客や固定客に分けられることでしょう。どの美容師にどれだけ客がついているか、といった情報は、分析することで利益に繋げられる貴重なものです。在庫管理システムを用いることで、これらの情報の煩雑さがなくなり、まとまった管理が可能となるのです。
このように、美容の世界においてもシステム導入によるメリットが得られる場合があるのです。情報管理が少しでも長く店を繁盛させることに繋がるため、導入を検討されてみるのも良いかも知れません。

無駄をなくしていく

婦人

ワークフローの進め方を見直していくことによって、業務の効率化を図っていくことが出来ます。また、自動化を導入することで人件費削減に繋げられることもあるでしょう。そのため、しっかりとした分析が必要です。

もっと読む